ヨーロッパ 旅のすゝめ

ヨーロッパの週末旅行に役立つ情報など。

ヨーロッパ縦断 - POLAND to SLOVAKIA

前回に引き続き、ヨーロッパ縦断旅行について書いていきたいと思います。

週末旅行の内容ではないですが、単発で行く場合でも使える情報をできるだけ載せていきます。

今回はポーランドとスロバキアですが、この辺は長期旅行疲れもあって、あんまり熱心に観光したりお店を探したりしていなかったようです…。

 

 

5.ポーランド(ワルシャワ、クラクフ)

 

今は第二の故郷とも思えるポーランドですが、この時初めて訪れました。

ビリニュスから夜行バスでワルシャワへ。

f:id:scheideweg:20170623072040j:plain

 

着いたとき、文字や言葉がロシアっぽくて、街が社会主義っぽくて、わくわくしたのを今でも覚えています。

 

旧市街へ行く途中、新世界通り(Nowy Świat)をまっすぐ進むと、ワルシャワ大学を通り、その先に大統領官邸があります。

そのとき、入口はバリケードで封鎖されていました。

f:id:scheideweg:20170623072546j:plain

すっかり忘れていましたが、ちょうど、カチンの森追悼式へ向かう大統領一行が乗った飛行機が墜落した直後だったのです。

 

旧市街はカラフルです。

f:id:scheideweg:20170623072833j:plain

 

人魚がワルシャワのモチーフとなっています。

f:id:scheideweg:20170623073013j:plain

 

旧市街をつっきって進んでいくと、城もあります。

f:id:scheideweg:20170623073138j:plain

 

ちょうどこの日(か、この日の近く)が何かの記念日だったらしく、城の近くの広場で記念硬貨を販売していました。

暇だったので長蛇の列に並んで、2枚買ってきました。

f:id:scheideweg:20170623073336j:plain

※右端のおじさんは路上芸人。雨が降ってきたのでテントに入れてもらってました。

当時、お堅い銀行のテントに路上芸人が居候してるこの光景がツボでしょうがなかったです。

 

ワルシャワ情報は、そのうち別で書こうと思います。

 

ワルシャワからクラクフまでは、バスで5時間ほどでしょうか。

この時は使わなかった(知らなかった)のですが、ポーランド国内や近隣国への移動はPolski Busで決まり。

PolskiBus.com - fast, cheap, comfortable bus travel - Poland - Europe

ポーランドの電車は遅いしすぐ遅延(酷い時は2時間とか)するので、バスのほうが便利だったりします。

 

クラクフは、以前書いた記事の通り。

scheideweg.hatenablog.com

 

この旅行をしているときは、まさか自分がポーランドに住むことになろうとは、1ミリも考えていませんでした。

 

 

 

6.スロバキア(ブラチスラバ)

 

 ブラチスラバへ行くのは2回目でした。

ワルシャワから夜行バスで明け方に到着。

朝4時ぐらいだったので、バスターミナルにはほとんど人がいませんでした。

 

f:id:scheideweg:20170627052703j:plain

 

ちなみに、旅行中よく使ったのがEuro Lineというバス会社でした。

Explore Europe by road. 600+ destinations. 33 countries

それぞれの国ごとに長距離バス会社は色々ありますが、情報集めも時間がかかるし、英語のウェブサイトがない場合もありますので、とりあえずヨーロッパ内なら、Euro Lineで一度調べてみるのが楽だと思います。

 

まずは、安定の旧市街・広場。

f:id:scheideweg:20170627052719j:plain

 

旧市街には、写真で色々遊べそうな像がありました。

f:id:scheideweg:20170627052726j:plain f:id:scheideweg:20170627052725j:plain

 

正直、ブラチスラバは観光するところがたくさんあるか、と言われると微妙です。

写真を見返して、大して観光してないことに気づきました…。

Tesco(イオンみたいな大きいスーパー)で自炊の買い物したり、銅像でへんな写真撮ったり、猫ばっかり追いかけてたようです。

なので、こういうところで遊ぶのもいいかと。

 

一応城にもいきました。

ブラチスラバ城(Zamocka ul., Bratislava, Slovakia)

About the museum, Slovak National Museum

城からは、ドナウ川と街が一望できます。

f:id:scheideweg:20170627052739j:plain

 

向こう岸の建物は、同じような形と色で、社会主義時代の名残を感じました。

ブラチスラバは、ウィーンから電車で1時間くらいなので、ウィーン泊したときに日帰り旅行で訪問するくらいがちょうどいいと思います。

 

 

次回は、ブダペスト&ベネチア編!